「マージンコール」

業者が設定している、ロスカット、前回やった分ですね、
それの事前通知みたいなものです。

サッカーで例えたら分かりやすいです。

マージンコール = イエローカード

ロスカット = レッドカード

分かりやすいでしょ^^;

マージンコールはもうそろそろどうにかしないとロスカットの
割合に達しますよ!と警告します。
ロスカットは強制決済、つまり退場ですね。

ただ、このマージンコールはFX業者によって、してるとこと、
してないとこがあるんで、確認はしておきましょう!
当然、マージンコールがかかる証拠金維持率も業者によって違います。


マージンコールをメールなどで通知されるだけなので、
自分で何かしないと状況は変わりません、業者が何か
手助けはしません。ただのお知らせです。
でも、自分で対処できるので決行役立ちます。
先に自分で損失抑えるために決済したり、あるいは、
証拠金を追加して維持率を上げる判断も下せます。


ちなみに証拠金の追加ですが、損失が膨らむ危険性はありますが、
手数料とスプレッドがあるんで取引通貨が持ち返す材料があるなら、
それもアリだと思います、正解かどうかは分かりませんが^^;
何故か・・・もう一度ポジションを立て直すと、その分の
手数料とスプレッドが取られるんで勿体無いんです。
ただ好転材料も無い状況でいたずらに追い銭していくのは非常に
危険です、自分が決めた損失額を超えてまで追い銭をやって
しまうと、今後もあやふやな取引が続き、大変な損失を被ると
思います。冷静に判断しましょうね!

追い銭、FXでは追証です。

マージンコールがかかった場合の策は上記が一般的ですが、
他にもあります。
証拠金の維持率を高めるために、他のポジションがあれば
いくつか決済していく方法です。取引額が減るんで、残りの
ポジションの維持率が上がります、そうすればマージンコールや
ロスカットにかかりません。

マージンコールもロスカットもレバレッジが高いほど、
起こりやすくなります、最初はお金がかかるかもしれませんが、
相場の急な変動に耐えれるように低レバレッジで取引するのが
お勧めです。

追証に関してはそれぞれ個人で判断基準やロスカットの
ラインが違うんで、確かな答えって無いのですが、無茶
して損失被らないように、もしマージンコールを喰らった時の
ことを考えておきましょう!

FXの基礎知識

FX取引の準備

FXはどんな人が参加できる?

デモトレードにチャレンジ

FX用語集

経済情報

銀行の金利情報

マネーの知識

運営者情報・リンク集