「クロス取引」

FXでアメリカドル以外の通貨で取引することを
一般的にクロス取引といいます。
これだけ知っておけばいい気もしますが、ちゃんと
意味があります!
これ初心者向けの本なんかには意外と書いてないんです。


取引量が少ない通貨同士の取引を補助するための制度ですが、
とりあえずは米ドル以外の通貨同士で取引する全てを言います。
取引量が少ないとなぜクロス取引という制度が必要なのか、、、
少なすぎて値段が決まらないんです!


株をしてる方ならご存知だと思いますが、マーケットメイク
という株があります。値動きが少なすぎて、1日中取引されない
ままの可能性がある株なんです。そこで値段がどうにか付くように
考え出された手法で取引されます。

マーケットメイク株とある意味同じです、クロス取引。
ドル絡み以外の円取引って世界規模で見ると意外に小さい
もんなんです^^;
そうすると値段が付き難くいんで、いったん米ドルの取引を行い、
それと同時に他の通貨が取引されるようになってます。

例えば円と香港ドルで取引するとします、香港ドルを買う場合、
米ドルを買うと同時に、その米ドルを売ってから、香港ドルを
買います。

直接的に取引したい通貨を買うのではなく、一旦、アメリカドルを
介して取引することからクロス取引と言われてるんです。

ちなみにユーロもドルと同じように扱われる場合があります。
EURクロスと言われEURを介して取引をすることを言います。

意外にハッキリと内容を知らない一般投資家って多いと
思いますよ^^;初心者にはちょっと難しいかもしれませんね、
初心者は円ドルで取引するのが無難です^^;
私もそうでした、今でもそうです(笑)

基軸通貨のことも考えないといけないんで、大変なんです。

FXの基礎知識

FX取引の準備

FXはどんな人が参加できる?

デモトレードにチャレンジ

FX用語集

経済情報

銀行の金利情報

マネーの知識

運営者情報・リンク集