まずは自分が知っている通貨で取引

通貨ペアについて例を使って解説します。例えば日本で扱っているお金は円です。円を使って外国のお金と取引をしたい場合そこには沢山の通貨ペアが存在することになります。アメリカの通貨を使って例をあげてみましょう。アメリカで扱っている通貨はドルです。このドルと日本の円で取引をする場合は「ドル円」という通貨ペアになります。ドルと円、ここでもう一つの通貨を組み合わせるだけで通過ペアは3通りできることになります。例えばここにユーロを加えたとします。通貨の種類はドルと円とユーロの3種類です。そうするとできる通貨のペアは「ユーロ円」「ドル円」そして「ユーロドル」の3種類のペアができることになるのです。更にここに他の外国のお金、例えば南アフリカの通貨やシンガポールの通貨などを組み合わせたらより多くの通貨ペアができることになります。FXで使われる通貨はとても多くの種類があります。普段聞きなれない外国のお金もあるかもしれません。まずは自分が知っている通貨で取引を行う方が良いでしょう。

FXの基礎知識

FX取引の準備

FXはどんな人が参加できる?

デモトレードにチャレンジ

FX用語集

経済情報

銀行の金利情報

マネーの知識

運営者情報・リンク集